文字サイズ:

〒197-0011
東京都福生市福生657番地
657, Fussa, Fussa-shi, Tokyo
TEL:042-539-2300
FAX:042-539-2302
巻き爪治療 Ingrown too nail

【陥入爪と巻き爪の違い】
陥入爪は爪の角がトゲのように軟部組織(肉)に刺さって炎症を起こした状態を呼びます。
巻き爪は軟部組織が持ち上がったりした事により、爪が横方向に巻いている状態を呼びます。

陥入爪の人は巻き爪になっている事が多く、爪の角を切ると一時的に痛みはなくなりますが、 爪が伸びた時に、さらに巻き込み、より重症な巻き爪になります。
こうした例では一般的には爪の幅を狭くする手術を行いますが、マチワイヤ、硝酸銀、コットンパッキングを用いた爪矯正で元の幅のまま直せる場合もあります。


【巻き爪の原因】
巻き爪の主な原因に挙げられるのが『深爪』です。
深爪をすると歩いた時に床からの力で軟部組織が爪の縁から持ち上げられ、その軟部組織が爪を押して巻き爪になります。 また、靴下が切れてしまうので、爪の角を切って深爪にしてしまう人もいます。 爪をぶつけると爪の縁の軟部組織が腫れて持ち上がり、爪を押すので巻き爪になります。


【当クリニックの巻き爪の治療方法】
巻き爪の治療方法として一般的になっているのが、軟部組織に食い込む爪を除去してしまう手術(陥入爪手術)を行い、 爪の幅を狭くするという方法です。

しかしながら、再発してしまうこともありますし、 またその他にも「見た目がカッコ悪くなる」ことや指先にかかる力を分散しづらくなってしまい 「足を踏ん張るような力が少なくなってしまう」ことが問題点としてあります。
これらの問題点を解消するために、形状記憶合金のワイヤーを用いて爪を矯正する 【爪矯正法】という方法が注目されています。

【爪矯正法】は手術と比べて完治までに時間がかかりますが、治療自体に痛みはまったくなく、 ワイヤーを付けた直後にこれまでの痛みが消える事がよくあります。
多くの人がワイヤー治療の適応がありますが、一部に形成外科的な処置が必要な方もおられます。 当院では症状に適した治療をお勧めします。ご相談下さい。


ワイヤーによる爪矯正法は「自費診療」となり、費用は以下の様になります。

【ワイヤーによる爪矯正法  費用一覧】  ※金額は「税別」です

初めての時 初診料 7,000円
ワイヤー 4,000円
処置料 1,000円(爪1つにつき)
※ワイヤーは1本単位で購入していただき、何回かに分けて使用します
2回目以降 再診料 2,000円
処置料 1,000円(爪1つにつき)

【超弾性ワイヤーの概説】

ingrown-image01

超弾性ワイヤーはニッケル、チタン合金に処理を施した特殊合金製ですから、強く曲げても快復力が一定で、
曲げた状態でも数カ月にわたり強い回復力を発揮します。

爪の先端に2つ小さな穴を開けて超合金製ワイヤーを装着し概ね1~2ヶ月の間隔で、
爪の成長に合わせてワイヤーを着け変えます。(爪の伸びる速さの個人差による)

ワイヤー治療を開始するには、爪が指先よりも2mm以上伸びてからです。受診する際には爪を2mm以上伸ばしてお越し下さい。

▲ページ上部に戻る
▲HOME に戻る
HOME | 新着情報 | 診療内容 | ※診療内容の詳細ページについては下段の「・整形外科」~「・予防接種」をクリックすると直接確認をする事が出来ます。 |
・整形外科 / ・形成外科 / ・皮膚科 / ・巻き爪治療 / ・レーザー治療 / ・いびき治療 / ・アレルギー性鼻炎 / ・コンフォート治療 / ・美容 / ・予防接種 |
ストレッチ教室 | 院長紹介 | スタッフ紹介 | ブログ | プライバシーポリシー | サイトマップ |
Copyright(C)Sasamoto Clinic All Rights Reserved.